ROBOT魂(ロボットだましい)

バンダイの人気アクションフィギュア『MOBILE SUIT IN ACTION!!』の流れを汲んだ後継機とも言えるシリーズで、2008年10月から発売されている。
主な素材はABS・PVC・POMなど異なる性質の素材を複合的に使用し、それぞれの特徴に合わせて各部に用いられている。
これにより、硬質感・可動・柔軟性を一つのフィギュアで実現させる事に成功。
また製造段階においてもCADによるデジタル設計と専門家の手作業による修正を行い正確さとプロポーション・可動範囲の向上を目指している。
数多くのロボットが製品化され、シリーズ毎にその縮尺が統一されている。
最近の傾向として、魂ウェブ商店での限定販売による受注生産品も数多く販売されている。
販売期間が限定されているので、一度買い逃すとオークションなど高額での購入になる事があるので注意が必要である。

ROBOT魂 アドヴァンスドジンクス

アドヴァンスドジンクス画像

『機動戦士ガンダム00』の外伝的作品の『機動戦士ガンダム00V』に登場っするエース機の機体。
ジンクスは様々なバリエーションが存在するモビルスーツですが、その中でも随一の人気を誇る『アドヴァンスドジンクス』がROBOT魂で初の商品化!
後継機であるジンクス3に比べスパルタンなシルエットを見事に表現しています。
また、『アドヴァンスドジンクス』で最も特徴的な武器「プロトGNランス」を肩に懸架できるように、オリジナルのジョイントパーツが付属しているのが嬉しい限りです。


ROBOT魂 ガッデス

ガッデス画像

『機動戦士ガンダム00』のセカンドシーズンに登場したアニュー・リターナーがその真の目的に覚醒し、その時に搭乗したモビルスーツが「ガッデス」。
悲劇のイノベーターとしてご存知のアニュー・リターナーが搭乗し鮮烈な印象が忘れられない名機です。
ROBOT魂の中でも造形の出来が良いと評価が高かったガデッサ、ガラッゾと同系列の機体でありそのクオリティは半端ではないです。
機体各部に装備された遠隔攻撃用の武器「ファング」はすべて取り外し可能なので様々なシーンの再現が可能です!
別売りとなっている「魂STAGE」でオールレンジ攻撃を再現するためのファング用ジョイントパーツも付属しています。


ROBOT魂 ガンダムエクシアリペア

ガンダムエクシアリペア画像

『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズンの第1話に登場した機体です。
激戦で負った傷をマントで覆い隠した姿が衝撃的で、わずかな登場シーンにも関わらず存在感抜群でそのカッコ良さが印象的でした。
ガンダムエクシアの応急処置!?型「ガンダムエクシアリペア」です。

評判の良かった「ROBOT魂 ガンダムエクシア」のリアルな造形と広範囲の可動ポイントを継承しつつ、破損し内部が剥き出しになった頭部や破損したGNソード、一部装甲が外れたパーツなどを新規造形で再現しています。
塗装も、激戦を経たイメージと、GNコンデンサが強く輝くイメージを強調した状態が採用され、通常版のガンダムエクシアとは趣の異なったメカ表現が楽しめます。
この商品は、改造用のパーツセットではないので、別途「ガンダムエクシア」を用意する必要がないフルセット仕様となっています。


ROBOT魂 レグナント

レグナント画像

「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」の最終局面にてルイス・ハレヴィが乗機した機体。
ガンダムマイスター達を圧倒したアロウズの巨大モビルアーマー「レグナント」。
全長450mmで、その圧倒的な存在感・凶悪なイメージのまま商品化されました。
超強力なビーム兵器を内蔵し、モビルアーマー形態からモビルスーツ形態への変形も可能なアクションフィギュアの決定版とも言える製品です。


このページの先頭へ